成人の矯正治療

10代後半から30代または40代ごろの社会活動の活発な時期の矯正治療では、より目立たない矯正治療をすること、治療のスピードを速くすること、社会生活に影響しない程度の痛みに抑えることが重要となります。
当院では、患者さまのご要望を最大限尊重しながら、きちんと治すために最適な治療法をご提案させていただきます。

より目立たない矯正治療

表側の矯正装置には金属のものはもちいません。透明な装置また矯正に用いるワイヤーもできる限り白いものを選択しています。
また、見えない矯正治療(裏側矯正治療、マウスピース矯正)や表側装置と見えない装置のコンビネーションによる治療も提案させていただいております。

治療のスピードの改善

これまで矯正治療は2年から3年、場合によってはそれ以上かかるといわれていました。
期間がかかってしまう主な原因には
1.歯の移動スピードに時間がかかる
2.効率の悪い治療手技
3.動かしにくい方向への歯の移動による時間のロス
が挙げられます。
当院ではこの問題点に真剣に取り組み、改善することで治療のスピード化に成功しております。

歯の移動スピードを上げるために

歯のスピードを上げるために、外科的な手術を施したり、何か特殊なお薬を飲むわけではありません。
歯は力を強くすれば早く動くわけではなく、歯の滑りが良い環境で、弱い力で、患者さまの骨の代謝と口輪筋を利用することで効率的に動きます。
このことから当院ではセルフライゲーションブラケットを採用し、矯正の力を従来の半分程度にしました。
抜歯する症例では抜歯後に速やかに歯を動かすことで骨の代謝を良くすること。
MFT(筋機能療法)を行うことで歯の動きを邪魔する力を抑え、歯の動きに有利な筋肉の力を利用することで治療のスピード化を行っております。

効率の悪い治療手技の改善

従来は歯に装着するブラケットをフリーハンドでつけたいたため、3次元的に位置のずれが生じやすく、術者によってもばらつきがありました。
それを改善するためにインダイレクト法という、ブラケットポジションにずれがない手技で、ブラケットが最初から正確な位置につけることで治療中のブラケットの付け直しや歯の動きに無駄がなく、最初からゴールに向かって一直線に向かうことができる方法を行っております。

動かしにくい歯の移動への対応

それぞれの装置には得意とする歯の移動があります。
例えば歯の動かし方が難しいとされるのは歯の奥への移動(遠心移動)と、骨の中に沈める移動(圧下)です。
この遠心移動はマウスピース矯正や可撤式の装置が得意であることがわかってきました。
圧下はインプラントという直径1.5mmのネジを骨の安全な位置に埋入し、それを固定源にすることで容易に行うことができます。

治療中の痛みについて

当院での矯正治療はセルフライゲーションブラケットを用い、ブラケットとワイヤーの摩擦を少なくした治療をするために、従来の力の半分程度の力で歯を動かします。
痛みを客観的に捉えるのは難しいのですが、従来の治療法と比べて明らかに患者さまからの痛みの訴えは減っています。
それでも痛みがライフワークに影響する場合には痛み止めを処方することもあります。

症例集

22歳・女性

矯正方法治療期間きっかけ
上:セラミックブラケット(旧式)
下:セラミックブラケット(旧式)
2本抜歯
2年2ヶ月歯のガタガタと笑ったときの
歯ぐきが見えるのがコンプレックスだった。

症例15

25歳・女性

矯正方法治療期間きっかけ
上:Distalize(床矯正装置)セラミック(ラケット(旧式)
下:セラミックブラケット(旧式)
抜歯なし
約2年歯を抜かずに
矯正できるならやりたかった。

症例16

23歳・女性

矯正方法治療期間きっかけ
上:インコグニート(裏側矯正)
下:インコグニート(裏側矯正)
4本抜歯
2年6ヶ月周りに気づかれずに出っ歯を治したい

症例17