根管治療とは?

リナメル

歯というのは、表面を覆う一番硬い「エナメル質」、その内側にある「象牙質」、歯と骨を繋ぐ部位の「セメント質」という3つの硬い組織で構成されています。虫歯になるのは主に「エナメル質」と「象牙質」です。そしてさらにその内側に「歯髄」と呼ばれる神経や血管が通っている組織があります。

「虫歯が進行し神経まで達してしまった。」「転んで歯が割れて神経がむき出しになってしまった。」etc…など色々な理由により、歯の神経を取らなければならないことがあります。また以前に前述のような理由で神経を取って根の治療をしたにもかかわらず、根の尖端に膿みの袋ができてしまい根の再治療が必要になる場合があります。(※虫歯や根の先にできた病変が大きすぎる場合には、抜歯になってしまうケースもございますので、治療は早い段階で行うのが効果的です。) そのような場合にはリーマーやファイルという器具を用いて専用のメーターで長さを測りながら、歯の中にある管=根管をキレイにする治療を行い、感染源の除去を行います。これが「根管治療」です。

リナメル

根管の中が綺麗になりましたら最終的な薬(ガッタパーチャ)を詰め根の治療が終わります。その後は詰め物や、土台を立てて被せ物をします。

リナメル

根管の中はかなり複雑で、木の根のようになっています。太いメインの根菅がありそこから派生する副根管や、側枝と呼ばれる大変細い根管、水かきのように繋がっている場合や、2本の根管が1度別れてまた繋がることもあります。その複雑な根管ですが、さらに根管の中が細くなっていたり、薬が固まっていたりすると綺麗になるまでに時間と回数がかかります。これが「根管治療」が長くなる原因の1つでもあります。

リナメル

また根の先が割れていたり側枝があるとその部分はキレイにならないので、根管治療で「根の中」をキレイにするだけでは治癒しない場合があります。そのような場合には「外科的根管治療」が必要となる場合がございます。

治療後に出やすい症状

今回初めてその歯の神経を取った方

  • 神経を取った刺激等で麻酔が切れた後に痛みが出ることがあります。
  • 治療している歯で噛むとより痛みが増す場合がございますので、治療後はあまり噛まないようにお願い致します。また出現した痛みは、通常数時間〜数日で消失致します。
  • 根の中を消毒するために、何度か薬の交換をする場合があります。
  • 2回目以降の治療時も痛みが出る場合があり、麻酔が必要な場合があります。
  • 治療中の歯で硬いものを噛んだり食事をすると、歯が割れたり仮のフタが外れて、中の消毒用の薬が漏れますのでなるべく治療中の歯側は使用しないようお願い致します。(歯が割れると抜歯になってしまいます。)
  • 神経を取った歯は神経が生きている歯とは感覚が異なります。徐々に緩和する場合が多いのですが、歯が出ている位置によっては噛んだ時の鈍痛や違和感が長期にわたり出現するか生涯残る場合がございます。

根の先にできた病変を治療の方

  • 「神経を取る治療」よりも細菌数が多いので、治療の回数がより多くかかることが予想されます。
  • 根の奥には「酸素があると活動できない菌:嫌気性菌」と「酸素がないと活動できない菌:好気性菌」が混在します。根の先の膿みの原因菌の多くは「嫌気性菌」で根幹治療を始めると空気が入り込むので弱まります。しかし空気が入ると逆に「好気性菌」が活動的になり、治療前には出ていなかった痛みや、今までとは別の痛みが出現する場合があります(フェニックス膿瘍)。
  • 膿みの圧力や中のガスの圧力が強い場合には痛みが徐々に増してくる場合があります。その際にはその圧力を一時的に抜く為に「綿の仮のフタ」をする場合がございます。このフタは取れても構いません。
  • 痛みは一時的なことが殆どで徐々に緩和する場合が多いですが、歯が出ている位置やよっては噛んだ時の鈍痛や違和感が長期にわたり出現するか生涯残る場合がございます。
  • 根の先にできた膿みができる原因:『感染源』=『細菌』を取り除きキレイにすることにより、体自身が膿みを治していきます。この『感染源』は、根の中の細い脇道や未処置の根管、根管を結ぶ通路(イスムス、フィン)にへばりついていることもありますし、ガッタパーチャ(根管充填材)の上に繁殖している場合もあります。
  • 歯の周囲には「歯根膜」という噛んだ感覚を脳に伝える感覚受容器があります。「歯根膜」に炎症が起きると「噛んで痛い」という痛みが出ます。神経は無いので冷たいものがしみるような痛みは出ませんが、神経が無くても噛んだときに痛みを感じる理由の1つがこの「歯根膜炎」です。
  • 根の先にできた膿みが大きくなりすぎると治癒に時間がかかります。また治癒しなくなってしまう場合もあります。

精密根管治療についてはこちら