40代以降の矯正治療

何歳であっても基本的に矯正治療で歯は動かせます。
40代以降の矯正治療を難しくするのは、虫歯とお口の健康状態です。

お口の健康状態が悪い代表的なケースは歯周病です。
歯周病とは歯が植立する土台である骨の病気ですから、まずはこの土台を健康にするための治療を行ってから矯正治療に移行します。
矯正治療中も歯ぐきの状態を定期的に検査して、お口全体の健康を維持したまま矯正治療を行うことが大切です。
この時期の矯正治療はかむ機能を整えること、手入れしやすい健康的な歯ならびをつくることを目的とします。
歯並びやかみ合わせが改善されると清掃性や唾液の循環が良くなり、歯全体にまんべんなく力がかかるために、虫歯や歯周病になりにくくなります。
当院では最高齢で70歳の方が矯正治療を受けられています。矯正治療は1年~2年ですが、治療後は歯を守れる環境になることを考えますと、わずかな矯正期間でそのメリットが得られると考えてはいかがでしょうか。
高齢者で健康な歯が20本以上残っている方は、歯並びが良く、歯周病のない健康的な歯ぐきを兼ね備えているのですから。

かみ合わせの問題

長年咬み合わせに問題のあるまま過ごしてきた方は早い方で30代から歯の激しい擦り減りや歯周病、虫歯の進行のために歯の喪失が始まります。
そのため、40代以降で矯正治療が必要な方は既に健康な歯を失っていたり、虫歯や歯周病のために歯を抜かないといけないという問題に直面している場合があります。
歯を失った部位を補う治療(補綴)が長期的に安定する環境を作るために、矯正医、補綴医、衛生士が三位一体となり治療計画を組み立てていきます。

40代以降の矯正治療の特徴

この時期からの矯正治療では20代、30代頃までのように歯並びを全て作り変えるということはほとんど行いません。
歯並びを力の分散ができる環境に変えるという視点から観察し、歯並びの中でかみ合わせ良い部分を残し、問題がある部分を改善していきます(当然見た目も美しくなります)。
この際、矯正治療のための抜歯を最小限にし、残った歯を永続的に残すことができる環境に変えることが大切です。

症例集

42歳・女性

矯正方法治療期間きっかけ
上:セルフライゲーションブラケット(旧式)
下:セラミックブラケット(旧式)
4本抜歯
約2年6ヶ月長年、八重歯がコンプレッックスだった。

症例18

40歳・女性

矯正方法治療期間きっかけ
上:セルフライゲーションブラケット(旧式)
下:セルフライゲーションブラケット(旧式)
1本抜歯
約2年6ヶ月虫歯と歯並びを奇麗にしたい。

症例19