予防歯科

予防歯科

YUZ DENTAL tsukishimaでは、「悪くなったら治療する」のではなく、
「悪くならないために予防する」という考え方をモットーにしています。

みなさんは天然歯を大事にできていますか?

「歯が痛くなってから歯医者さんに行けばいいや」
「虫歯があるけど、今は痛く無いからまだ歯医者に行かなくていいや」
あなたはこのように思っていませんか?

口の中の機能を正常なまま維持していくことが、全身の健康につながると言われています。
例えば、不正噛合が続くと姿勢が崩れ背骨が歪み、腰を痛める原因になります。
また歯周病菌が全身に行き渡ると、糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが高くなってしまいます。
歯の健康度合いが及ぼす影響は、口の中だけにとどまらず、全身の健康と相関性が非常に高いのです。

しかし、昨今の統計データによると、親不知を除いた上下28本の歯のうち、
50代で平均20本、70代で平均10本、80代で平均4本しか天然歯が残っていないという結果が出ています。
これは予防先進国のスウェーデンやフィンランドなどと比べると、圧倒的に低い数値となっています。
そこで厚生労働省は、80歳まで20本の歯を残すことを目的に「8020運動」をスタートさせました。

しかし、どれほど上手く治療をしようとも、天然歯を越えることはできません。
だからこそ、天然歯を大切にしていくことはとても重要なことなのです。

予防治療を積極的に行うことによるメリット

  • メリット1.虫歯や歯周病など、口内のトラブルが極力起きないようにする
  • メリット2.治療の痛みや費用を長期的に低減できる
  • メリット3.口の中がスッキリ、快適になります
  • メリット4.全身の健康増進につながる

予防歯科メニュー

当院では、歯科衛生士によるスケーリング&ルートプレーニング、PMTC、フッ素塗布を積極的に行っております。
各メニューの詳細は下記をご覧ください。

スケーリング&ルートプレーニング

「スケーリング」とは、超音波スケーラーと呼ばれる器具を用いて、
歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石、その他付着物などを綺麗に取り除くことです。
その際に、なるべく歯質を傷つけないようにします。
超音波スケーラーを使用した場合は、超音波の効果および影響により、
スケーリングをした後にどうしても歯面が傷つきやすくなってしまうため、
ルートプレーニングを行う必要性が出てきます。

スケーリングを行うと、歯の周囲から汚れや付着物などはなくなり、良い状態のように思えます。
しかし、歯根表面の歯垢により、セメント質や象牙質は汚染・軟化しています。
それらを除去し、ルート(歯根面)を硬く滑沢な面に仕上げる(プレーニング)ことを「ルートプレーニング」といいます。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

リナメル

毎日の歯磨きをしっかりと入念に行えば、虫歯や歯周病のリスクは非常に低減できます。
しかし忙しい生活の中で、どうしても磨き忘れ、そして「磨いたつもりだったけど磨けていない」(磨き残し)が出てきてしまいます。

PMTCは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、簡単に言えば、毎日の自分で行う歯磨きで落ちない歯の汚れを歯科衛生士に専門器具を用いて取り除いてもらう(クリーニングする)ことです。

PMTC施術前後

多少の汚れやザラツキなどは綺麗に取り除け、歯の表面がツルツルになります。
単純に虫歯・歯周病予防だけではなく、お口のリフレッシュ的な感覚も味わっていただけます。
ぜひ一度お試しいただくことをおすすめいたします。

フッ素塗布

フッ素塗布を行うことによって、「歯」および「口内の細菌」に作用し、虫歯予防に効果があります。
(単体の「フッ素」は猛毒ですが、歯科医院で扱うのは「フッ化ナトリウム」というのもので、
よほど大量に摂取しない限り、害は全くでないと言われております。ご安心ください。)

フッ素塗布による子どもへの効果と成人への効果は少し違います。
子どもの場合、生えたばかりの乳歯や永久歯は、まだまだ歯として弱く虫歯なりやすいため、
フッ素を塗ることによって虫歯予防を促すことができます。
成人の場合は、歯周病などの疾患により歯茎が痩せてしまうことがあり、
その際に歯の内部であるセメント質や象牙質が露わになってきてしまいます。
これらは歯茎から上の歯の表面部分であるエナメル質よりも脆く虫歯になりやすいため、
フッ素を塗ることによって虫歯予防を促すことができます。

このように虫歯予防には効能のあるフッ素塗布ですが、
あくまでも虫歯にならないための補助予防対策の一つにすぎません。
一番の虫歯予防対策は、何と言っても毎日の歯磨きを欠かさず行い、食習慣を改めることです。

3DS(Dental Drug Delivery System)

3DSとは「Dental=歯」に「Drug=薬」を「Delivery=届ける」、「System=方法、治療法」という予防の処置方法の1つです。当院にてお口の中をキレイにお掃除して「バイオフィルム」を除去した後に、カスタムメイドのマウスピースによって直接歯や歯茎に薬を作用させます。虫歯や歯周病で苦労されている方におススメな予防法で、以下のような方に非常に有効なハイリスクアプローチです。

  • 「虫歯になりやすい方」
  • 「歯周病のリスクが高い方」
  • 「かぶせ物や詰め物など治療してある歯が多い方」
  • 「矯正治療をこれから受ける方」
  • 「もっと予防をしていこう!という、健康への意識が高い方」

唾液検査(デントカルト)

WHO(世界保健機関)の疫学検査にも使われている信頼性の高い検査キットで、予防歯科医療の進んだヨーロッパの大学・公的機関で使用されています。

何種類かの検査を行い、その結果を組み合わせる事によってあなたの虫歯の原因が何であるかを限定します。その結果により虫歯のリスクを客観的かつ数値的に評価して、あなただけの効果的な虫歯の予防法を具体的にご提案することができます。

唾液検査

デントカルトSM

虫歯を発生させる菌である「ストレプトコッカス・ミュータンス」という菌を培養して測定し、虫歯になりやすいかどうかを調べます。

デントカルトSM

デントカルトLB

虫歯を進行させる菌である「ラクトバチルス」という菌を培養して測定し、虫歯になってから進行しやすいかどうかを調べます。また飲食回数が多い人、糖濃度の高い飲食物を摂取している人は菌数が多くなるので、あなたの食事の摂取状況を推測することができます。

デントカルトLB

唾液の分泌量測定検査

唾液の分泌量測定検査

唾液の分泌量を知ることにより、あなたの唾液の自浄能力や、虫歯・歯周病にかかりやすいかを知ることができます。

デントバフ ストリップ

唾液の緩衝能を測定する検査です。唾液緩衝能とは、食事で酸性に傾いたお口の中を中性に戻す能力の事で、これを測定することにより虫歯にかかりやすいかを知る事ができます。

デントバフ ストリップ

各メニューの詳しい料金は、こちらをご覧ください。

月島 勝どき 歯医者なら『YUZ DENTAL tsukishima』